性病(性感染症)とは

性病(性感染症)とはこのサイトにお越しの方は、今何らかの性病(性感染症)の症状でご心配なことと推測致します。

一刻も早くお医者さんに診てもらわなければいけないと思いつつも、本当に性病だろうか?
そして、恥ずかしい思いや忙しい思いをして医療機関へ行って検査を受けた方が良いのか否かを自己判断したいとお考えではありませんか?

このサイトは、そんなあなたのお役に立てるよう構成されています。
そしてあなたのお役に立てることを願っております。


性感染症や性行為感染症とは、性行為を介して皮膚や粘膜から感染する病気の総称です。

最近では、STI(Sexually Transmitted Infections)と称されています。
同義語で、STD(Sexually Transmitted Diseases)とも言われています。
以前は性病と言っていましたが、正しくは性感染症と言います。

しかし多くの人は、性感染症や性行為感染症の事を性病と言っており、その言い方の方が一般的ですので、当サイトでも性病と表記しています。

感染原因は、性行為により、ウィルス、細菌、原虫、かびなどが、粘膜や皮膚に付着し体内に取り込まれることで感染したり、付着しただけで感染するものもあります。

これらの性病が怖いところは,感染し病原体を持っていて他人に感染させる可能性があっても,その人には明らかな症状がない場合があることです。
自分に症状が出ていなくても、相手に感染した途端に、症状が出てしまうものです。(性別の違いや人によって症状が違うため)

現在では、放置せず適切な治療を受けさえすれば完治する性病が殆どですが、生涯感染したウィルスと付き合わなければならなくなる性病もあります。
また、性行為で感染する感染症の中には、まれに臓器不全を発症し死亡するケースもあることを知っておきましょう。

今の日本の現状は、若者を中心にこの性病が蔓延しています。

その背景には、性行為の低年齢化やオーラルセックスなどセックススタイルの多様化などが原因だと思われますが、一番には、正しい知識を持っていないことと、感染させるリスクを理解していないことにあります。
また、診察を受けるお金も知恵もない、幼い少年、少女も多くいるのです。

こう言った幼い感染者は、多くの相手と接触する傾向があり、想像以上の感染率となっているのが今の日本の現状です。

性行為経験者は、一度検査を受けてみましょう。
自分が何かの性病や感染症に感染していて、それに気づかずにいる状態かも知れません。

あなたは、感染させられた相手と、今まで通り同じ気持ちで接することが出来ますか?
答えは、おそらく「No」の人が多いのではないのでしょうか?

性病は、あなたの過去における性体験を証明するような病気で、著しく品位を下げてしまう恐れがあります。
浮気した相手から感染させられ、夫や妻に感染させしまう事例は日常茶飯事的に発生しています。
男性の言い訳はまだまだ通用しますが、女性の言い訳は通用しない傾向にあるのではないでしょうか。

性病は、あなたがせっかくつかんだ幸せを、簡単に崩してしまう可能性を秘めていることを認識しておきましょう。

性病仙人
性病仙人

このサイトを再び訪れていただくために、性病仙人と言うキーワードを設定しておきました。

次回検索エンジンのキーワード入力欄には、この性病仙人とご入力して頂ければ、一番最初に表示される予定です。
どうぞよろしくお願いいたします。