雑菌性尿道炎とは

雑菌性尿道炎(非クラミジア性非淋菌性尿道炎)の概要

雑菌性尿道炎(Bacteria Urethritis)
雑菌性尿道炎は、細菌が主に尿道に感染し、炎症を発症させる性病ですが、汚い手で触るなどして自己発生する場合もあります。

但しこの細菌は、性病の原因として指定されているクラミジア菌や淋菌とは別の細菌です。
その為、この病名を、非クラミジア性非淋菌性尿道炎とも呼ばれています。
それは、どこにでもいる細菌の可能性もありますが、一般に細菌を特定することは困難です。

雑菌性尿道炎を発症させている細菌の種類によっては、クラミジア菌や淋菌同様、性交渉により容易に感染する力を持っています。
クラミジア菌や淋菌で発症する尿道炎と同じに思っていただいても結構かと思われます。

症状

■男性の場合
感染後、1~5週間程度で、排尿時や射精時に尿道の違和感や軽い痛み、痒みの症状が現れ、尿道から分泌液(透明)が出ることもある。
しかしながら多くの人は、気付かないか、無症状である。
放置すれば、尿道炎で済む軽い症状から、副睾丸炎へと発展し、最悪男性不妊となることがある。

■女性の場合
感染後、1~5週間程度で、おりものが増えたり、排尿時や性交時の軽い痛み、頻尿、子宮からの出血、下腹部痛の症状が現れる。
しかしながら多くの人は、気付かないか無症状である。
放置すれば、子宮頚管炎を発症し、不妊症の原因となることがある。

感染経路

性交渉による性器同士の直接接触、不衛生な手で性器に触れるなどの行為で感染し発症する。
オーラルセックスで、唾液の中の細菌が尿道へ感染し、発症すこともある。

感染確率

不明だが、不衛生な手で性器を触ると、簡単に感染し発症しそうなイメージがある。
発症者数は、性器クラミジア感染症に匹敵するくらい多いと思われる。

検査方法

尿(男性)、子宮頚管部(女性)の分泌液を綿棒で採取して検査を行う。
医療機関で検査する際の受診科は、泌尿器科、性病科、婦人科などが良い。

性病検査に関する知識 >

感染してから検査が可能になるまでの日数

感染が疑われる日から、3日以上で検査が出来る。

感染していたら

感染初期の段階なら、2週間程度の薬物治療で症状は治まるが、治癒判定は、細菌の消失を確認し治癒となる。