性器クラミジア感染症とは

性器クラミジア感染症の概要

性器クラミジア感染症(Genital Chlamydial Infection)
性器クラミジア感染症は、細菌が主に尿道(男性)や子宮頸管(女性)に感染し、様々な炎症を発症させる性病です。

この細菌は特殊で、ウィルスのように細胞内に入り込み増殖することが特徴です。
日本で最も多くの感染者数が報告されており、特に女性では自覚症状が軽く、発見が見落とされることから、女性の感染者が爆発的に増えています。
感染を放置して、症状がより重篤なケースに発展するのも女性の方が多いようです。

症状

■男性の場合
感染後、1~3週間程度で、排尿時や射精時に尿道の違和感や軽い痛み、痒みの症状が現れ、尿道から分泌液(透明)が出ることもある。
しかしながら多くの人は、気付かないか、無症状である。
放置すれば、尿道炎で済む軽い症状から、副睾丸炎や慢性前立腺炎へと発展し、最悪男性不妊となることがある。

■女性の場合
感染後、1~3週間程度で、おりものが増えたり、排尿時や性交時の軽い痛み、頻尿、子宮からの出血、下腹部痛の症状が現れる。
しかしながら多くの人は、気付かないか、無症状である。
放置すれば、子宮頚管炎、骨盤内感染症で、不妊症や流産、早産、子宮外妊娠の原因になることがある。
また、肝臓付近にまで感染が広がり、劇症の肝周辺炎で右の上部脇腹に強い痛みが襲い救急搬送されるケースもある。

男女とも、オーラルセックスで口腔内にも容易に感染し、その為性器同士の接触が無くても、他人へ感染させている。

感染経路

性交渉による粘膜同士の直接接触、性器分泌液と粘膜との接触によっても感染する。
オーラルセックスで口腔内にも多く感染するが、長時間のディープキスでも感染する事例が報告されている。
また、口腔から生殖器へも感染もする。

感染確率

現在、性器クラミジア感染症に感染している人は、1,000,000人以上と推定されている。
特に若い世代に多くの感染者がおり、その感染率は数%~数十%で、100人の内、数人から数十人は感染している。
感染者と性交渉を持った場合、その感染確率は約50%と高い。
更に感染者の20~30%は、淋菌にも感染している重複感染者である。
代表的な性病(性感染症)の中では、最も感染者数が多い。

検査方法

尿(男性)、子宮頚管部(女性)の分泌液を綿棒で採取して検査を行う。
医療機関で検査する際の受診科は、泌尿器科、性病科、婦人科などが良い。
保健所で検査を実施している自治体もある。
この性器クラミジア感染症は、自分で尿や子宮頚幹部の分泌液を採取し検査することも出来る仕組みがあり、その場で判定が出来ないものの、後日Web上で性器クラミジア感染症の感染確認が出来る為、その手軽さや匿名性が受け、昨今ではその検査数が大きく伸びてきている。

性病検査に関する知識 >

感染してから検査が可能になるまでの日数

感染が疑われる日から、3日以上で検査が出来る。

感染していたら

感染初期の段階なら、2週間程度の薬物治療で症状は治まるが、治癒判定はクラミジア菌の消失を確認し治癒となる。