性病と間違えやすい症状

性病と間違えやすい症状性病と間違えやすい症状を発症するイボが多く存在します。

ブツブツやイボに関しては、専門外の医者ではまず判別が出来ないくらい、それらはよく似ているそうです。
ブツブツは尖圭コンジローマと見間違えることがあり、しなくても良い治療を続けている患者さんもおられるようです。
前ページの性行為なしで発症する性感染症も併せてご覧ください。

ここでは治療の必要がないブツブツやしこりやイボに特化してご紹介します。

性病と間違えやすい症状(男性の場合)

フォアダイス

陰茎の皮に出来るブツブツのことで、男性の約65%に出来ています。
毛のない脂腺が出来たようなもので、唇にも出来ることもあります。
皮膚(粘膜表面)から脂肪の黄色い粒が透けて見える状態であることが特徴で、ぶつぶつはそれぞれ独立しており、全体的には丸い形状です。

真珠様陰茎小丘疹

ペニスのカリ首に出来るブツブツのことで、男性の約20%に出来ています。
一つ一つの粒が揃っており、規則正しく一列に並び、カリ首を一周するように発生しています。

包皮腺(タイソン腺)

ペニスの亀頭と皮をつなぐ裏筋の両脇に出来ているブツブツのことで、真珠様陰茎小丘疹と繋がったように並んでいるのが特徴です。
これは、恥垢と呼ばれる臭気ののある分泌物を出す皮脂腺です。

非性病性硬化性リンパ管炎

陰茎部のリンパ管が硬く筋状に腫れる症状です。
リンパ管が硬くなった状態で、陰茎部への過度の刺激が原因で発症しますが無痛で色は皮膚の色と同じです。
放置しても自然と治ります。
痛みがあったり、表面がぐじゅぐじゅになったものは性感染症の疑いがあります。

 

性病と間違えやすい症状(女性の場合)

膣前庭乳頭症

膣口や小陰唇にできるブツブツのことで、男性の真珠様陰茎小丘疹の女性版です。
膣前庭乳頭症の特徴としては、膣口周囲から小陰唇内側にかけて対称性に多発・密集し、 大きさは、直径1mm前後で、全てほぼ均一、 色は、周りとほぼ同じ色です。
痛みやかゆみを伴うことがあり、 生理周期によって大きさや数に変化がみられます。
経験が少ない婦人科の先生は、尖圭コンジローマと誤診されることが多々あるそうです。

フォアダイス

小陰唇に出来るブツブツのことで、毛のない脂腺が出来たようなもので、唇にも出来ることもあります。
皮膚(粘膜表面)から脂肪の黄色い粒が透けて見える状態であることが特徴で、ぶつぶつはそれぞれ独立しており、全体的には丸い形状です。

外陰脂肪腫

外陰部の脂肪組織が増殖して出来る良性の腫瘍で、恥岡や大陰唇など皮下脂肪の多い部位にできやすい、まるくてやわらかいしこりです。
触ると弾力があります。
痛みやかゆみといった症状もありませんが、徐々に大きくなってくると異物感を感じたりしますので、切除することもあります。

外陰線維腫

外陰部の腺維組織が増殖してできる良性の腫瘍で、大陰唇や陰核、小陰唇にコリコリとしたこぶのようなしこりです。
触ると弾力があります。
痛みやかゆみといった症状もありませんが、徐々に大きくなってくると異物感を感じたりしますので、切除することもあります。