毛じらみ症とは

毛じらみ症の概要

毛じらみ症(Pediculosis Pubis)
じらみ症は、体長1mm前後のシラミの一種が、主に陰毛に寄生し、人間の血を吸うことから、その部分の皮膚が激しいアレルギー反応を起こし、強い痒みを発症させる性感染症です。

毛じらみは、幼稚園や小学校で流行る頭しらみとは違いますので混同しないようにしましょう。
毛じらみの殆どは陰毛に寄生し、主に陰毛同士の接触により感染します。
ごく一部ですが、陰毛の他に、胸毛、すね毛、腋毛、眉毛、尻毛にも寄生することもあります。

症状

毛じらみに寄生されてから1~2ヶ月後、陰毛の生えている部分が激しい痒みに襲われる。
寄生された場所が、陰毛以外のケースはその場所が痒くなる。
痒くなるが、ぶつぶつなどの発疹は見られない。
下着に、毛じらみの排泄物である茶色い小さな粉が付着する。

毛じらみ症の画像(著しく気分を害する画像を含んでいますので、閲覧にはご注意ください)

感染経路

毛じらみが寄生している陰毛との直接接触、間接接触(タオル等の共用)により感染する。

感染確率

毛じらみの宿主と性交渉を持った場合、ほぼ感染する。

検査方法

病変の視診、触診で判定する。
医療機関で検査する際の受診科は、発症部位にもよるが、皮膚科、泌尿器科、婦人科などが良い。

感染してから検査が可能になるまでの日数

皮膚に何らかの症状が現れれば検査できる。

感染していたら

数週間~1ヶ月の薬物治療で症状は治まるが、治癒判定は、毛じらみの生活反応を観察し、約2ヶ月間生活反応がなければ治癒とする。
毛じらみの生活反応を観察するには、白い下着を着用し、毛じらみの排泄物である茶色い粉の付着状態を観察することである。