性病検査に関する知識

性病検査を実施するには

性病の感染検査を行う方法は下記の3種類です。
注意としましては、性病に感染した疑いのある日から、検査が可能になるまでの日を開けてから検査を受けることが重要です。
あなたに合った検査方法を選べます。

病院、診療所で性病の検査を受ける

何らかの症状があれば迷わず、病院や診療所で治療も兼ねて受診しましょう。
病院や診療所の性病検査では、症状が出ているものに対しての疑われる感染検査は行いますが、それ以外の性病感染検査は、可能性があっても一般的には行いません。
実施する検査以外の性病感染の有無を調べたい場合には、先生に相談しますが、保険診療の適用外となり検査代が高額になります。
また、全く症状が現れていなくても、病院や診療所で検査は行えますが、これも保険診療の適用外となり、検査費用が高くなる可能性もあります。

自分で働いていない方への注意ですが、親の会社が発行している保険証を使用すると、後日親に通院履歴がバレますので、おぼえておいてください。
診療所の名前が、○○泌尿器科クリニック とか ○○レディースクリニック とかの名前だと、後日何でここに行ったの? となる可能性があります。
親に隠しておきたい人は、診療所の名前には十分注意することと、合理的な受診理由を考えておくと良いでしょう。
保険を使用しない実費診療も選択できますが、全額自己負担で結構高くなります。
費用などは、性病検査を希望する医療機関に電話で聞いてみましょう。

保健所で性病検査を受ける

全国にある保健所で、HIVは無料、その他の性病検査は無料で受けられるか若干の負担金で検査を受けることが出来ます。
検査が可能な性病は限られており、HIV、梅毒、クラミジア、淋病、肝炎となっています。
HIVは検査した当日に感染有無がわかる即日検査を実施している保健所もありまが、一般には2週間後に再度検査結果を聞きに行きます。
多くの保健所では、検査日は週に数回で、通常平日昼間での実施となっていますので、検査を受ける保健所のホームページ等で確認してください。
無記名ですので、自分の居住区以外の保健所でも検査を受けることが出来ます。

ネットショップの性病検査キットで検査する

ネットショップで性病検査キットを購入し、自分で検体を採取し、その検体を郵送で検査センターに送り検査を行うことが出来ます。
匿名で検査を受けることが出来ますし、費用もリーズナブル、結果はネットで閲覧する手軽さです。
症状が出ているものは、病院や診療所で治療を受けながら、その他の気になる感染症は、この検査キットでチェックしたりする利用法もあります。
この検査キットは、自分の感染状態を調べることはもちろんですが、相手の感染状態をチェックする際にも非常に便利です。

自分で性病検査を行なう方法 >

検査可能日について

性病に感染したかどうかを上記で検査するには、それぞれの性病で検査可能日が違います。
検査可能日を過ぎれば症状が出ていなくても検査が可能になりますので、下記の表を参考にして検査を実施すると良いでしょう。

ここに記載以外の性病は、症状が現れたからの検査となるものが多いです。

病名 検査可能日 潜伏期間
性器クラミジア感染症 3日目以降 1~3週間
淋菌感染症(淋病) 3日目以降 3~7日
雑菌性尿道炎 3日目以降 1~5週間
梅毒 1ヶ月目以降 1~12週間
性器カンジダ症 3日目以降 1~2週間
膣トリコモナス感染症 3日目以降 4日~4週間
HIV感染症 3ヶ月目以降 3~10年
B型肝炎 2ヶ月目以降 1~6ヶ月