性交渉が無くても発症する性病

  性交渉が無くても感染・発症する性病性交渉がないのにもかかわらず、性病の症状を呈するものがあります。

性交渉がなくても、性病と同じような症状を自己発生する病気や、軽い皮膚同士の接触でも感染することがある感染症がそれぞれ存在します。
手や腕に不明な発疹が出来ていたり、痒がりな人や不衛生な人とは皮膚同士の接触をしない方が賢明です。

性病でなくても、下記の症状が出たら医療機関で治療を受けましょう。

性交渉が無くても発病する性病

亀頭包皮炎

包茎の人は、亀頭を包む包皮の裏側が細菌(雑菌)で炎症を起こし、排尿時に激しく痛んだり、臭い緑黄色の膿が大量に出たりして下着を汚します。
まさしく淋病の症状に当てはまりますが、決して淋病ではありません。
一般に鬼頭包皮炎とは、性病のウィルスや一般の細菌(雑菌)に感染し、亀頭や包皮に炎症が起こっている状態を言います。

雑菌性尿道炎

雑菌性尿道炎は、不衛生な手で触ったり、擦ったりして、尿道に細菌が入り込み炎症を起こします。
性器クラミジア感染症や淋菌性感染症と、極めて似た症状が現れます。

膣トリコモナス感染症

主に女性ですが、膣トリコモナス感染症の原因となる原虫が、トイレの便座や浴槽に付着していることがあり、そこから感染します。
女性がお風呂で感染の可能性がある唯一の性病です。

性器カンジダ症

主に女性ですが、カンジダ禁は常在菌であり、体力の低下などがきっかけで、菌が増殖し症状を発症させることがあります。

細菌性膣症

膣内環境が何らかの原因で崩れ、悪い細菌が異常繁殖し、膣トリコモナス感染症や性器カンジダ症と同様な症状が現れることがあります。

HPV感染症

性器以外に発生したHPV由来のイボとの接触により感染する可能性があります。
皮膚の小さな傷口から進入し感染します。

疥癬(かいせん)

相手の体のどこかに、疥癬の感染源であるヒゼンダニが潜んでいると、簡単にあなたへ乗り移り感染します。また、寝具を通じて間接的にも感染します。

毛じらみ症

毛じらみは、陰毛だけではなく、頭を除く体毛のどこにでも住みつきます。
肌を露出した状態で相手と接近し、わき毛からわき毛へ感染する可能性もあります。

 

非常に低い感染の可能性を含めれば、上記が全てではありませんが、事例としての情報は見かけません。